1ヶ月コース
STUDENT INTERVIEW 22

IT企業営業マンが オンラインでデザインを学び デザイン思考を企業提案へ活かす

TOSHIさん ビジネスプロデューサー 20代

ー今回TOSHIさんは、モンスター・ラボに入社後、デジタルコンサルティング事業部に配属され、新人研修の一環としてオンラインでデザイン授業を受講していただきました。実際に受けてみてどうでしたか?

とても楽しい1ヶ月間を過ごせました。 学生時代にインターンでIT企業に勤めていたので、デザインに少し関わったことはありました。しかし、デザインだけを短期間で集中的に学習することがなかったので、このような機会をいただけてとても良かったです。 また、IT企業の営業職として提案やお客様に対するご支援に活かせる知識を学ぶことができたので、とてもできることの幅が広がったと思います。 今回受講したのは1ヶ月コースですが、延長して3ヶ月学びたいくらいでした。

オンラインデザイン授業風景写真

ーTOSHIさんはIT企業でビジネスプロデューサーとして働いているとのことですが、今回学んだデザインは業務にどのように活かせそうですか?

はい!非常に活かせる部分は多くあったと思っています。 今勤めている会社では営業職として働いていますが、アプリケーションやシステム開発を提案する際、エンドユーザーに対して価値をどうやって届けるのかという点で、デザイン的思考やデザインの知見が求められることが多くあります。 企業営業で提案をする際にデザインの知識があって少しでも自分で触ることができる方が説得力も増しますし、今回のデザイン授業によって、デザインをしっかりと言葉にして、提案書にまで落とし込む部分も鍛えられたと思います。

ー一見、デザインと営業業務は関わりが無さそうに感じますが、密接に繋がっているということですね!

そうですね。 おそらくデザインを本格的に学んだことがある営業職の方は少ないと思います。 しかしIT企業で働く営業の方は、デザインがどのように完成されていくのかなどのプロセスや、デザインの提案力などといったデザインのスキルを身につけた方がいいと、デザイン授業を終えて強く感じました。 私が働いている会社では開発の工程の中で、UI/UXを始めとするデザイン領域も強みとしています。デザイナーのみなさんがどのようにプロジェクトを進行したり、実際にアウトプットを出しているかなどの理解も深めることができました。 それ以外にも提案資料のデザインなどにも深く関わってくるので、学んでおいて損はなかったです。 今後のキャリアの広がり方も考慮したら、デザイン思考やスキルは非常に役立つスキルだと思いました。

オンラインデザイン授業風景写真2

ーオンラインでデザインを勉強し、デザインに対する印象はどのように変わりましたか?

私個人で言うと、デザインに対する考え方が変わったというよりも深まったと言った方がいいですね。今回オンラインでデザインを学びましたが、PhotoshopやIllustratorなどのデザインツールの使い方を主に学ぶと思っていたので、いい意味で裏切られました。 オンラインでこんなにデザインの本質やコンセプト設計などの上流工程を教えているスクールは、見渡しても本当に少ないと思います。

ーちなみに「デザインに対する考え方が深まった」というのはどのようなところで深まったと思いますか?

これまでもデザインについて学ぶ機会がありましたが、今一度学んで更にデザインに対する知見が深まったことで、ユーザーの細かいニーズまでキャッチアップし、表現できるようになったことですね。 頭でわかっていてもデザインに落とし込めないなどのことがありましたが、アウトプット力を鍛えることによって、デザインの伝え方やブラッシュアップの方法がわかりました。 それに伴って、質の高いアウトプットができるようになりました。

Toshiさんオンラインデザイン作業写真

ー1ヶ月のデザインコースの目標である「思い描いたものを形にして、デザインでコミュニケーションをする」という部分に対しては、達成できましたか?

私は常に高みを目指したいので本音を言うと、1ヶ月間でもっとできたんじゃないかなと思っています。 卒業制作の部分でも時間が足りず自分の納得したアウトプットが出せなかった印象です。まだまだデザインのスキル部分を伸ばしていきたいなと思いましたね。

ーモンスター・アカデミアではさまざまな角度からデザインを学べるという特徴がありますが、印象に残った授業は何かありますか?

既存サイトをひとつピックアップして課題を洗い出し、それに対して改善案を提案する授業ですね。 理由としては大事な上流の考え方まで学べたからです。 他のデザインスクールだとどうしてもデザインツールの操作方法によりがちなのですが、より良いアウトプットをするためには考え方の部分がものすごく大事になってきます。 今後のデザイナーの働き方としても、ただ言われたことをデザインに落とし込むだけではなく、デザイン的な思考も必要ですし、デザイン思考を使って提案が出来るなど、主体的に動いていける人が求められてきています。 授業が始まった当初はもっとツールの使い方を学ぶと思っていたのですが、実際はデザイン思考も教えていただいたのでいい意味でギャップがありました。

モンスターアカデミア集合写真

ー最後にこれからオンライン授業を検討している社会人の方に向けて一言メッセージをお願いします。

1ヶ月にしろ3ヶ月にしろ、とにかくデザインを学習するためにワクワクする目標を持ちましょう! 目標があるのとないのでは見えるものも違ってくると思うので、目標を持っていた方がそれを目指して頑張れると思いますし、何かしら得られるものも多いと思います。 デザインとはセンスがないとできないって思いがちなのですが、センスは関係ないです! 正しい工程で正しい努力をすれば絶対にデザインは身に付けることができるので、やればできると思って頑張っていただきたいです。 デザインが全く未経験の方でも、デザインの思考法などをモンスター・アカデミアでは教えてくれます。 絶対に何かしらプラスになる知識や経験を得ることができるので、是非一歩踏み出してみてください!