3ヶ月コース
STUDENT INTERVIEW 20

デザイン未経験の私が 海外で憧れのデザイナーに 転職成功!

MARIさん 元営業職 20代

ーデザイン留学に来ようと思った経緯を教えてください。

デザイン留学に来た理由は当時の仕事で感じた将来性の不安からでした。 留学前は派遣会社の営業で5年間勤務していました。仕事自体は楽しかったのですが年齢が30歳に近づくにつれて、「この仕事は私が子どもの頃に夢見てた仕事だろうか」と考えるようになりました。 なにか手に職をつけて働いてみたいと思った時に、もともとものづくりに興味があり友達から頼まれて個人的にデザイン制作をしていたので、デザインを学びデザインに関連した職に就きたいと思いました。 そんな時に偶然モンスター・アカデミアのSNS広告をみて興味を持ち、申し込みを決めました。

ーMARIさんがキャリアチェンジをするにあたってモンスター・アカデミアを選んだ理由を教えてください。

元々英語にも興味があったので英語を勉強しつつ、デザインも勉強できることが魅力的でした。 セブ島にある他の学校も調べたのですが、カリキュラムの内容がIT寄りで操作方法をメインに教える学校が多かったため、「デザインとは何か」の根本的な部分を学ぶことのできるモンスター・アカデミアに決めました。 デザインを未経験の状態から学び始めたので、プロのデザイナーさんが対面で手取り足取り教えてくれそうなモンスター・アカデミアではデザインをしっかり学べそうだと思いました。 実際に授業では操作方法のみを学ぶのではなく、デザインをするための考え方やルールなどを教えてくれて就職後も実践に活かせそうなカリキュラムも魅力的に感じたので、モンスター・アカデミアに決めてよかったです。

ー3ヶ月間のデザインの授業はいかがでしたか?

一言で楽しかったです! 私はデザイン留学のためにMacを購入するところから始まり、IllustratorやPhotoshopもMac購入時一緒に購入しました。 今までIllustratorやPhotoshopはパソコンに備えつけられているソフトだと思っていたので月額で購入するという事もその時初めて知りました。 そのくらい何もわかっていない状態から始め、3ヶ月後にはプロダクトデザインやロゴデザインの制作を行えるレベルまで使いこなせるようになった事を考えると、モンスター・アカデミアのデザイン留学にはとても満足しています。

ーデザイン留学の授業で印象に残っている事はありますか?

デザイン留学初日のオリエンテーションの時に「センスがなくてもデザイナーになれる!」という言葉を聞いた事ですね。 デザイナーになるためには、少なからずセンスは必要だと思っていました。 しかし、デザイン留学を受講して、デザインには規則性があることを学びました。そのため、絵が描けない人や美的センスがない人でも規則さえ分かってしまえばデザイナーになれると思いました。

ー実際にデザイン留学をしてみて、留学前と留学後でデザインに対するイメージは変わりましたか?

変わりましたね! 元々デザインをすることやものづくりが好きで高校の文化祭では大道具チームのリーダーとしてものを作ったり、サークルのフライヤーやTシャツなどを作ったりしていました。 また、美術の成績も良かったので自分はデザインや美術に長けている人間だと思っていました(笑)。 今まではフィーリングで自分が良いと思うものを制作してきたのですが、デザイン留学を経験して「何故これが良いデザインなのか」の根拠を理解することができたのは良かったです。

ー様々な角度からデザインを学べるのが本校の特徴だと思うのですが、特に印象的な授業タメになった授業、学びの多かった授業はなんですか?

3ヶ月の留学最終月にあった卒業制作ですかね。WEBサイトやイメージを伝えるモック制作、ロゴなど今まで学んできたことがどれだけできているかという結果を出すプログラムだと思います。 実際に現場でのデザイナーの作業フローで制作していくので職場実習のような緊張感があり、とても良い経験になりました。

ーUXリサーチの授業もありましたがいかがでしたか?

私はロゴを制作したり、プロダクトデザインを制作したりなどの手を動かす作業は好きなのですが、UXリサーチなどの調べて考える作業は苦手意識があったためかなり苦戦しました。 しかし、UXリサーチの部分は今後デザイナーとして活かせる知識になったので結果的には良かったと思っています。 UXリサーチによって、ユーザや現状の市場推移を理解して世の中に物を生み出さなければならないという事を学ぶ経験ができました。

ーMARIさんは未経験から海外でデザイナーとして転職成功されましたよね!転職活動で大変だった事はなんですか?

某転職サイトや転職エージェントを通して求人を探そうとなると、中途採用の場合は未経験可の求人枠が少ないため、自分の興味のある会社が見つからなかったんです。 そのため自分で興味のある会社をインターネットで探して連絡をしていましたが、日本で未経験からのデザイナー転職は厳しいと感じました。その後勤務地を世界に広げて、デザインの世界に入れる方法を模索し始めました。

ーそうだったんですね。そして卒業後はセブ島でデザイナーとして就職されたんですね!

留学当初はあまり好印象ではなかったセブ島ですが、3ヶ月の間にフィリピンの国の方の温かさや町に魅了され、現地で仲良くなった海外の友だちもでき、卒業する時にはセブ島が大好きになっていました(笑)。 またお金を払って勉強した英語を使って仕事や生活がしたいとも感じていました。 英語を使いながら日本で仕事ができる職場を探しましたが、希望する職種での募集が無かったのでセブ島でデザイナーとしての就職先を見つけて戻ってきました。

ー実際にデザイナーとして海外で働いてみていかがですか?前職との違いなどはありますか?

セブの観光情報系の会社に入社して早々新型コロナウイルスの政策が始まり、デザイナー以外の業務も合わせて仕事をしています。 しかし働き方も含めてすべては自分次第だと考えているので、今の状況でいかにクリエイティブな仕事ができるか、自分から会社へどう提案していけるかだと考えています。そこは前職(営業)と似ていると思いますね。

ーこれからデザイン留学をする人やMARIさんのようにクリエイティブ職に転職活動をしている人に一言メッセージをお願いします。

大学卒業後から5年間OLとして働いていて、デザインの実務経験がなかったので私が未経験からデザイナーになるのは難しいだろうと思っていました。 しかし心の中では「デザイナーになりたい…!」という気持ちがあったので、今までのキャリアを捨て、セブ島でデザインを学ぶ決断をして来ました。 私はモンスター・アカデミアに来て自分の人生を変えることができました。 未経験からクリエイティブ職への転職を考えている方は簡単なことでも良いので一歩踏み出してみてください。 その連続がいつか転職という夢をかなえることができると私は信じています。 一度しかない人生、楽しんだ者勝ちだと私は思います! 一緒にクリエイターの道を歩みましょう!